FIRE 収入を増やす 投資する

サラリーマンがセミリタイアするために必要な資金とその作り方【FIRE】

2020年9月17日

40歳過ぎたらセミリタイア(最近では「サイドFIRE」ともいいます)して、仕事と趣味を両立した余裕のある生活をしたいと考えている人は多いかと思います。

ただ、実際に準備するとなると何をすればよいのかわからない人も多いです。

 

本ブログでは、以下にあげる疑問を解決する内容となります。

セミリタイアするのに、どれくらいの資金が必要となるのか?

セミリタイアするまで、どうやってその資金を作ればよいのか?

これからセミリタイア(サイドFIRE)を目指そうという人にとって、役に立つ内容となりますのでご一読くださいませ。

 

セミリタイアに必要な資金

セミリタイアのための資金はいくら必要か

セミリタイアするにあたって、本業以外でどれくらいの収入を毎月得られるかが重要になります。

その中でも実現しやすい手段として多くの人が選択するのが株式の配当金による収入です。

 

仮に副収入を株式の配当金のみと考えるのであれば、セミリタイアするのに必要な資金は3000万円が目安となります。

3000万円の株式による年間配当率を4%と考えると、月平均で10万円(税引前)ほどの配当を受けることができます。

 

副収入の手段を2つ以上準備する

セミリタイアまで期間が充分にあるのであれば、収入手段を複数に増やすことも考えられます。

 

例えば、せどり(商品の転売)やブログ運営により、収入を得ることは1つの手段です。

また、副業が許可されている会社であれば、セミリタイアする前にサイドビジネスを試しておくのもよいです。

 

毎月5万円~10万円くらいのサイドビジネスであれば、失敗してもリスクは数万円程度です。

早い段階で自分にあうものを試してみることを、おすすめします。

ギグワークを使うという手段も

最近では「ギグワーク」という形で、必要な時に必要なだけ働くことで報酬をもらえるものも増えています。

UberEatsやクラウドワークスなどが良い例です。

 

自分自身が労働して稼ぐ必要はありますが、本業の比率を減らしたかったり、自分のスキルをいかしたいいうことであればよいのかもしれません。

現実的な手段でセミリタイアのハードルをさげる

自分にあったスタイルで収入手段を作っていくことが必用です。

複数組み合わせることで、セミリタイアへの実現ハードルも低くなります。

 

例えばですが、このような組み合わせを見れば、誰でも実現できるような気がしてきます。

30万円を毎月の生活資金とした場合

・本業からの収入=20万円

・ブログなどのサイドビジネスによる収入=5万円

・株式配当による収入=5万円 ※所有株式1900万円×年利4%×0.8(税率20%)

収入力をあげられる、または生活資金をさげられるのであれば、その余剰金を株式投資にまわすことで将来的に株式配当による収入比率をあげることもできます。

 

セミリタイアのための資金作り

株式投資がリスクが少なく再現性も高い

今まで投資をしたことがない人は、何に投資すればよいかわからないかと思います。

投資として思いつくものは株式投資をはじめ、不動産投資、FX、ビットコインなど色々出てくるかと思います。

 

その中でも、既にセミリタイア(サイドFIRE)に成功した人の投資方法で素人でも再現しやすい方法は株式投資です。

株式投資も色々ありますが、その中でもインデックス投資という方法がリスクも少ない安定した運用方法として紹介されることが多いです。

勉強して投資を覚えたいという人は、それ以外の投資を試してみるのもよいと思います。

 

ただし、きちんと勉強しないと騙されたり、大きな損失を出すこともあるので注意が必要です。

インデックス投資や投資商品については、こちらのブログでも詳しく書いていますので参考にしてみてください。

こちらもCHECK

セミリタイアに向けた資産形成は米国株が圧倒的によい理由3選【FIRE】

続きを見る

セミリタイアのための資金作りがしやすい人

投資を始めるといってもどれくらいの期間で目標金額を貯めることができるのか、わからないと思います。

当たり前ですが、現在おかれている状況で資金作りのハードルが変わります

 

その中でも、このような人たちはセミリタイアの実現可能性が高いと言われています。

 

20代の人

少しづつの投資でも、複利をいかして長期的に投資することで充分な資金を作ることができます

 

毎月5万円を年利7%で20年間投資すれば、2500万円貯めることができます。

毎月5万円は計算をわかりやすく説明するために書いているので、最初は1万円とかでもよいと思います。

 

最初は少なくても、年収が増えたり、副業で収入を得られるようになったら投資額を増やせばよいのです。

 

30歳を超えているが、そこそこの収入がある人

収入が高い人は支出さえおさえることが出来れば、短期間で充分な資金を作ることができます

30歳を超えていても、毎月15万円を年利7%で10年間投資すれば、2600万円貯めることができます。

 

ただし、収入が高い割に貯蓄がない人は、生活レベルも収入に応じてあげてしまっていると思うので、支出を抑えた生活に戻すのは相当な苦労が必要になるかと思います。

 

既に本業以外で収入がある人

特別なスキルをもっており既に本業以外でも収入がある人は、投資にまわせる金額も多いため資金作りもしやすいです。

投資資金を作るため支出をおさえた生活を何年も続けるよりも、収入を増やして投資資金を増やせたほうが精神的にもだいぶ楽になります。

 

また、特別なスキルを今持ち合わせてなくても大丈夫です。

ブログやせどりなど、努力すれば収入を増やすための手段を手に入れることもできます。

投資は中長期的な取り組みになるので、その間にスキルをつけることに時間を使うのもセミリタイアに近づく手段となります。

 

また、こちらのブログでも毎月の投資額と投資期間のシミュレーションを記載していますので、参考にしてみてください。

こちらもCHECK

40代でセミリタイアを実現するための必用資産と投資プラン【FIRE】

続きを見る

結局は入金力

結局はどれだけ投資にお金を回せるかになります。若い人は長期で考えられるので無理のない投資が可能となり有利です。

逆に、30歳以上の人は短期で考えると毎月の投資額が増えますが、仕事で成功している人であれば収入も多いはずなので何とかなったりします。

 

なお、収入が少なくても何もかも節約して投資額を増やすことも可能です。

そのようにして、年収400万円でも若くしてセミリタイアを実現した人などもSNS上にいたります。

すぐに今の仕事を辞めたかったり、心の底から働きたくないと思うのであれば、それでもよいかと思います。

 

ただ、無理のない投資金額にて長期で考えたほうが、生活も精神的にも無理がないため実現性は高いです。

 

セミリタイアが当たり前の時代になる

投資に対する知識があり、本業以外にも稼げる手段がある人にとっては、セミリタイアはそんなに難しいことではありません

 

特に今は誰でも稼げる時代です。下記を参照してみてください。

・ネットの普及で、時間に縛られずに稼げるようになった

・株式投資が、ネットで誰でも簡単にできるようになった

・ネットの普及で、サイドビジネスの種類が増えた

・SNSの普及で、個人でも多くの人に無料で発信できる機会ができた

・自分の好きな時間に必要な分だけ稼げるギグワークがでてきた

・副業OKの会社が増えた

このような機会を活用する人はたくさん出てくるので、セミリタイアは当たり前の時代になると予想されます。

それにより40歳を過ぎて会社に縛られずに、自分らしい生活を実現できる人が増えることになります。

 

それを傍目でみて羨ましいと思うのか、自分もそれを実現するのかは行動次第ではないかと思っています。

 

最後に

私自身も40代半ばで、セミリタイアを目指しているところです。

 

若いころから投資を続けているので、金融資産としては充分な金額を作ることができました。

本業の収入はまだキャリアハイを継続しているので、セミリタイアするのはもったいないと今は思っています。

 

何よりも仕事が楽しいので、すぐに辞める理由はありません。

本業で稼げているうちにサイドビジネスを少しづつはじめ、数年かけてシフトしていこうと思っているところです。

 

これからセミリタイアを目指そうという人よりも少し前を走っていますが、一緒に実現を目指して行きたいと思っています。

私の投資内容なども本ブログでは更新していきますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです。

参考【最新】これからFIREを目指すサラリーマンにおすすめの本4選

続きを見る

-FIRE, 収入を増やす, 投資する

© 2021 NAOTAKE BLOG Powered by AFFINGER5