ポートフォリオ

【NIO:ニーオ】サブスクリプションサービスも提供する中国のEVメーカー

2020年11月30日

NIO(ニーオ:蔚来汽車は中国で注目のEVメーカーです。

ここ数か月は米国の高配当株やインデックスを中心に取引をしていますが、かねてからビジネスモデルに注目していたNIO(ニーオ)が好決算後に株価が落ちておりチャンスだと思ったので新規購入してみました。

購入価格は45.37ドルでした。

既に株価はこの数か月で10倍以上ではありますが、ビジネスモデルに期待を込めて購入しています。

本ブログでは、なぜNIOのビジネスモデルに期待がもてるのか?そのビジネスモデルを解説しています。

 

NIOのビジネスモデルとは

テスラと異なるといわれているのは、テスラは「ユーザーに鍵を渡すまで」のビジネスモデルですが、NIOは「ユーザーに鍵を渡してから」のビジネスモデルをメインに置いているところです。

NIOは意識的にユーザーとの顧客接点を作り上げることで、自分たちのサービスを利用しているユーザーと長期的な関係を築こうとしています

その代表的なものは、以下の4つです。

 

NIOの代表的なサービス

  1. 充電サービス
  2. メンテナンスサービス
  3. 会員用ラウンジやラウンジでのイベント
  4. コミュニケーション、EC

 

 

ライフスタイルに意味をもたらすサービス

これらの4つのサービスについて詳しく説明します。詳しく見るとわかるのですが、NIOは「ライフスタイルに意味をもたらすサービス」をコンセプトにサービス設計しています。

 

 

①充電サービス

電気自動車の充電サービスは充電に時間がかかりますが、NIOのサービスは3分で完了します。というのも、充電スポットで充電パックを丸ごと入れ替えてくれるからです。

充電は入れ替えがメインなので、場所を指定すれば「充電デリバリー」という形で充電パックを届けることもしてくれるそうです。

 

②メンテナンスサービス

わざわざ修理工場などにいかなくても、自宅まで来てメンテナンスをしてくれるサービスです。これにより、ユーザーは車のメンテナンスに週末の貴重な時間をつかわなくてよくなります。

場所を問わず「空港の駐車場で」とかの指定もできるので、とても便利なサービスです。

 

③会員用ラウンジやラウンジでのイベント

NIOは会員制ラウンジを用意しており、カフェスペース、図書館、ベビーシッター用のスペース、イベントスペースが併設されています。

そのため、ユーザーはラウンジで家族サービスをしたり、子供を預けて買い物に行くなどすることもできます。

 

④コミュニケーション、EC

NIOユーザー専用のSNSがありユーザー同士が活発に意見交換しています。ログインや投稿に「いいね」がもらえると、ユーザーはポイントをもらえます。

そのポイントはNIOの運営するECサイトで使えたり、ラウンジでも利用することが出来ます。

 

EVメーカーが展開するサブスクリプション型サービス

これらのサービスを受けるには車の購入だけではなく、会員登録して月額費用を払うことが必要となります。

車の本体代金はテスラの約半額と安く設定しているのも、このような会員サービスでの収益モデルを期待してのことになります。

戦略としては、車販売後もユーザー接点を多く持ちサービスを提供することで、そのユーザーがメーカーに対する満足感や価値を感じ、何十年もリピートしてくれるユーザーになることが狙いです。

このようなEVメーカーとして車を売るだけではなくデジタルを活用した新たなサービスが、とても注目されているのがNIOになります。

 

NIOの2020年第3四半期決算

・EPSと売上

EPSと売上はコンセンサス予測値をを上回りました。

2020 3Q 予測値 結果
EPS ▲$0.17 ▲$0.12
売上 $652.7M $666.6M

・販売台数

全機種合わせて12,206台でした。前年同期比で+154.3%です。

2020年第4四半期の販売台数は16,500~17,000台の販売を見込んでおり、更なる成長が期待されています

2020 Q1 2020 Q2 2020 Q3
販売台数 4,799 10,331 12,206

このように決算も好調なことと、バイデン次期大統領がクリーンエネルギーを重視していることから、株価も順調に推移しています。

 

アフターデジタルの世界

中国では、このように魅力的なビジネスモデルを展開する企業が数多く存在します。

というのも、中国は政府主導でデジタル化を促進しているので、日本よりも大分先を進んでいる感じがしています。

 

このような中国の最新のビジネス事情(NIOのビジネスモデルも含めて)は、以下の2冊にて紹介されています。

中国だけではなく、これからのネット社会を知るうえでも貴重な内容となりますので、購読することをおすすめします。



 

投資する

2021/6/9

「つみたてNISA」で失敗しないための基礎知識

長期的な資産形成をする人にとって、「つみたてNISA」は必ず利用したほうがよい制度です。 「つみたてNISA」はどういうものかというと、長期の積立・分散投資を通じた資産形成を後押しするために創設された税制優遇制度です。毎年40万円まで投資することが可能で、最長20年間、投資から得た利益が非課税となります。 しかし、投資になれていない人は、「つみたてNISA」をどのように活用すればよいかわからない人も多いです。 よくわからないままはじめることにより、制度を有効に活用できていないケースもよくあります。 そこで ...

ReadMore

投資する

2021/6/4

素人でもプロに勝てる!インデックス投資について詳しく解説

インデックス投資は、投資初心者でも成果があげやすい投資手法として、多くの書籍やメディアでも取り上げられています。 特に、投資のバイブルといわれる『ウォール街のランダムウォーカー』においては、 素人がプロにも勝てる最強の投資法 として紹介され、長年にわたり世界中の多くの人が実践している投資手法です。 「投資初心者でも成果があげられる」「素人がプロにも勝てる」とあるように、投資について勉強する時間がなくても成果を残すことができます。 特に、投資をしたいけど投資を勉強する時間がない忙しいサラリーマンには、おすす ...

ReadMore

投資する

2021/6/4

月5万円を7年間インデックス投資した途中経過(企業型DC)

今回は確定拠出年金についての記事です。 確定拠出年金(企業型DC)をはじめてから、7年2ヵ月が経過しました。 確定拠出年金は企業型(DCとBC)と個人型(iDeCo)の2種類があります。そして、企業型BCは企業が運用するもの。企業型DCは個人が運用するもので、私が加入しているのは自分で運用する企業型DCです。 企業型DCは個人型(iDeCo)とほぼ同じと考えてください。違いは、企業型だと企業が一部費用を負担してくれる点です。この負担費用は企業により異なります。ちなみに、私の場合はほぼ自己負担で毎月5万円を ...

ReadMore

ポートフォリオ

2021/5/31

テーパリングによる金利上昇でも利益を出せるポートフォリオを紹介(2021/5末)

私は現在都内に住む40代のサラリーマンでFIREを目指しています。このブログでは毎月末に、その月の振り返りとその時点のポートフォリオを公開しています。 2021年5月のトピックスは以下となっています。 資産6000万円到達(5000万円到達から5か月) 資産の増減額は+1.8% 配当金は502ドル ポートフォリオの変化は軽微(ほぼ見てるだけ) これらの内容と、2021年6月の見通しを以下で詳しく説明します。 目次1 資産6000万円到達!!2 配当金は502ドル3 2021年5月末のポートフォリオ4 20 ...

ReadMore

その他

2021/5/25

【ブログ開設】エックスサーバーのwordpressクイックスタートを解説

個人でブログを立ち上げるためには、レンタルサーバーを契約する必要があります。 その中でも、エックスサーバーはwordpressのクイックスタートというプランがあり、ブログ開設をかんたんに進めることができるのでおすすめです。 この記事では、誰でもかんたんにブログ開設ができるエックスサーバーのクイックスタートの申込手順を画像付きで解説します。 そのエックスサーバーの特徴は、以下のとおりです。 登録サイト数が190万サイト以上(国内トップクラス) 多くのブロガーが利用している 安心、安全な高品質なサービス 低価 ...

ReadMore

-ポートフォリオ

© 2021 NAOTAKE BLOG Powered by AFFINGER5