投資する

テーパリングが来るけどバイアンドホールドし続けたほうがいいの?

2020年12月28日

インデックス投資による長期戦略は「バイアンドホールド」が基本です。

2021年4月現在、米国株の各指数は高騰していますが、テーパリング(金融緩和の縮小)による株価下落が予想されています。
このように下落が予想される局面で、バイアンドホールドを続けるべきなのか?

この疑問に対する結論は、以下のとおりです。

  • 投資知識のない人はバイアンドホールドでよい
  • 暴落時を想定したポートフォリオならバイアンドホールドでよい
  • 金融緩和縮小にあわせて一部資産を現金化することが理想

前者は受けるダメージが大きいです。
またそこからの回復は何年かかるかもわかりません(短期的な場合もありますが)。

しかし、初心者がやみくもに売買するよりかはましです。
逃げ遅れて狼狽して底値で売ってしまうこともあるからです。

出来ることなら大局を予測して、一部を現金化しておけることがベストです。
金融緩和縮小のサインは時期的には2021年秋ごろに出ると言われています。

その時まで、まだ時間はあるので勉強して知識を身につけることも可能です。
学習したい場合は、『逃げて勝つ 投資の鉄則』という書籍が今起きている相場状況を解説しているので、わかりやすいです。

本記事では、バイアンドホールドをしないことがベストな理由を説明していますので、参考にしてみてください。

バイアンドホールドがよいケース

バイアンドホールドがよいケースの1つは、投資に対する知識がない場合です。
暴落時に動きが遅れて底値で売ってしまうことは最悪のパターンです。
初心者は、持ち続けていたほうが結果としてよいことの方が多いです。。

しかし、これはまともにダメージを受けますし、ダメージからの回復が何年もかかる場合もあります。
数年かけて節約しながら積み上げた投資資金や含み益が一瞬にして吹き飛ぶこともあります。
仮に含み損を抱えてたとしても、長期的な回復を信じてスタンスを崩さないメンタルが必用になります。

2つ目のケースとしては、暴落時にも影響を最小限に抑えるポートフォリオが組めている場合です。
これは、予期しない暴落でもダメージを最小限に抑えることが出来ます。

S&P500だけに集中させずに、金や債券など様々なETFに投資するとよいです
複数資産分散型のインデックス商品なども分散効果があるのでバイアンドホールドでもよいです。

バイアンドホールドにこだわる必要はない

学習する力がある人は必ずしもバイアンドホールドにこだわる必要はありません
頻繁に売買するのは無意味ですが、株式相場のサイクルにあわせて数年に1度は売買をした方が効率的です。

以下は、楽天証券グローバルマクロ・アドバイザーである田中泰輔氏が市場サイクルのメカニズムを解説するために使っているものです。

※『逃げて勝つ 投資の鉄則 大負けせずに資産を築く10年戦略 (日本経済新聞出版)』より抜粋

このように長期金利の上昇は、株安につながります。
金利が高い時は、株式よりも債権に投資していた方が「安全かつ安定したリターンも見込める」からです。
長期金利と株価は連動しているため、このような長期的なサイクルにおける株価の推移は予測することが可能です。

金融緩和縮小は2021年の秋頃には時期感が見えてくると言われています。
そのタイミングから株価は乱高下することが予想されます。

このように大きな局面での株価の下落が予想される状況においては、バイアンドホールドに徹する必要はありません。
一時的に保有株を売却するのも、資産を守る1つの手段になります

今後10年の資産形成について

10年後の相場がどうなるかはわかりません。
しかし、少なくとも1~2年先の相場は今ある情報から想定することができます。

金融緩和の縮小による株価下落局面まで、まだ時間的な猶予はあります。
今は投資に対する知識が少ない人でも充分に勉強するための時間があります

また、今回のような暴落は10年に1度は起こるといわれています。

コロナショックで大きく利益を出した人は、この市場サイクルを理解していた人です。
金利低下局面に上昇するハイパーグロース株に1点集中して、大きな資産を築くことが出来ています。

今回の暴落経験をいかして次の暴落時に大きな利益を得るために、今は学習するよいタイミングとなっています。

本記事を書くにあたって大いに参考となったのは、以下の書籍です。
市場サイクルの理解と、コロナ後の長期投資戦略を検討する上で参考となる内容です。

相場の大きな動きを掴むことができますので、長期的に投資を続けたい人は読んでみてください。
強気のポートフォリオを組んでいて、逃げ遅れたくない人にもおすすめです。

 

-投資する

© 2021 NAOTAKE BLOG Powered by AFFINGER5