FIRE 収入を増やす

【要注意】FIREを目指すなら早く辞めたほうがよい会社の特徴5選

2021年2月25日

FIREやセミリタイアを目指してはいるものの、なかなか前に進まないと思っている人も多いと思います。FIREを目指すのであれば、まずは稼いだお金を投資にまわし、複利を活かした運用を効率よく行えるかにかかっています。

しかし、以下の仕事環境においては、どれだけ知識をつけても頑張って節約しても、投資に回すお金が限られるのでFIREへの道のりは険しくなります

効果が出ない仕事環境

  1. 本業の収入がどれだけ頑張ってもあがらない
  2. 副業をやるための時間が取れない

そこで、今回の記事はFIREやセミリタイアを目指したい人が居続けてはいけない会社の特徴を説明します。

もし、その特徴に当てはまるものがあれば、退職を検討することをおすすめします。

 

1.どれだけ頑張っても給料があがりそうにない

同じ努力をするのであれば、より稼げる会社で働いたほうがよいです。これは当たり前なのですが、同じスキルで同じ努力をしたとしても、会社が違えばもらえる給料は異なります

これは業界単位でも大きく異なります。
例えば、何かしらのサービスを販売する会社の場合、営業マン1人1人が直接クライアントに営業をするのと、インターネット経由でサービスの申し込みが来る会社では1人あたりの生産性が異なるのは明らかです。1人あたりの生産性が高い会社の方が給料が高くなるのは当然です。

1人あたりの生産性が高い業界や、高い企業に転職することは給料をあげるためにとても有効な手段です

給料が増えない会社の特徴は、こちらの記事にも書いてありますので参考にしてみてください。

 

2.残業しないと生活費がまかなえない

将来的に課長、部長と出世すれば何とかなる見込みがあったとしても、今現在、残業しないと生活がまかなえないくらいの給与であることはFIREを目指す上で不利になります。

理由としては、給与そのものもそうですが、「副業」を始めるための時間を充分に取ることが出来ないからです。早期にFIREやセミリタイアを実現するのであれば、副業による収入は必要になります。

なぜ、副業が必要かというと理由は以下のとおりです。

副業が必要な理由

  1. 副業により投資に回すお金を増やすことができる
  2. 自分の力で収入を作れるので貯蓄が少なくても早く会社を辞める決断ができる
  3. 本業以外にもアンテナを貼ることで有益な情報がたくさん手に入る

副業といえどもすぐに収益化出来るとは限りません。目標とする収益達成まで何年もかかることもあるので、副業は早めに始めたほうが良いです。

 

3.サービス残業や飲み会参加が当たり前になっている

「サービス残業」と「飲み会参加の義務化」は、FIREやセミリタイアを目指す上では大きな障壁となります。特にこの2つは「時間」だけではなく「お金」も搾取されるので、日常的に発生するイベントであれば最悪です。

FIREやセミリタイアを目指す人は会社に依存せずに生活することが目的ですので、例え残業代や飲み代が出たとしてもその時間は将来の自分のために投資する時間にあてたほうがよいです。

 

4.リモートワークも副業制度も取り入れる気配がない

コロナにより働き方も大きくかわり、リモートワークや副業を制度に取り入れる会社も増えています

このような時代の流れはFIREやセミリタイアを目指す人には絶好の機会であり、今よりも多くの人がFIREやセミリタイアを早期に実現させていくことが想定されます。

特に、リモートワークはFIREやセミリタイアを目指すという点ではメリットしかありません。

リモートワークのメリット

  1. 通勤時間がないため自分の時間を増やすことができる
  2. 監視が弱いため効率よく業務を消化をすれば、仕事時間を自分の時間にあてられる
  3. 飲み会などが不要になるため、時間的にも金銭的にも余裕ができる

このように、働く環境だけをみてもリモートワークと副業の制度がある会社とない会社で、実現性の格差が開くことは明らかです。仕事内容的に難しかったり、会社が取り入れる考えがないと宣言しているのであれば、早々に見切りをつけたほうがよいかもしれません。

こちらの記事では副業などにて副収入を得やすい会社について書いています。

 

5.仕事が終わったらクタクタで何もできない

これは肉体的な部分と精神的な部分の両方が当てはまります。

例えば通勤時間が長かったり、シフトが変則的で深夜業務が定期的にある仕事だと肉体的につらい部分があります。また、営業職などによくあるのですが成績が思わしくない場合は精神的にも疲れてしまいます。職場の人間関係なんかも精神的に影響することが多いです。

仕事が終わって家に着いたらクタクタ、土日は寝て過ごすだけという人は、どれだけ時間があっても副業をやる気力もわきにくいです。思い切って仕事環境をかえることも検討したほうがよいです。

 

当てはまるものがあれば転職を考えたほうがよい

これらの特徴が当てはまるのであれば、FIREへの道のりは険しいだけなので早めに転職を検討したほうがよいです

FIREに向けた資産形成がしやすい仕事環境は以下の2つなので、それが出来る環境を目指して探してみましょう。

効果が出ない仕事環境

  1. 本業から多くの収入を得ることができる
  2. 副業にあてるための時間を作りやすい

特に近年の傾向でいうと、インターネットが主流になりそのビジネスモデルも大きく変わってきています。一昔前では、大手販売先の獲得や新商品の追加などによりV字回復という形で調子の悪い企業が復活することもあったのですが、今はビジネスモデルが異なるので根本的に変われない会社の復活は難しく衰退していくだけです。

本記事に挙げた特徴はみるとわかるように、古き悪しき慣習です。仕事環境も変えられない会社は、やはり新しい世の中への順応性がないので衰退していく可能性が高いです。

衰退していく会社で給料を上げる難易度は高いので、そのような会社に所属している人は成長している業界や企業への転職を早くした方がよいです。

転職サイトへの登録は無料、また登録することでエージェントが相談に乗ってくれるので、まずは話を聞くだけでもよいかもしれません。
以下に、おすすめの転職エージェントを紹介していますので、参考にしてみてください。

CHECK

インターネット業界へ転職したい人におすすめの転職サービス

続きを見る

 

 

-FIRE, 収入を増やす

© 2021 ネットベンチャーで働く40代サラリーマンの投資ブログ Powered by AFFINGER5