おすすめ本 投資する

ウォール街のランダム・ウォーカーを要約!長期投資には欠かせない1冊

2021年1月13日


今回紹介するのは、「ウォール街のランダム・ウォーカー」です。
1973年の初版依頼、全米累計150万冊を超えるベストセラーです。日本の投資家も読んでいる人は多いです。

「投資についての知識をもっと増やしたい」
本書にたどり着いた人の多くは、このような人たちだと思います。

出版は1973年と古い内容に思えますが、改訂版ではビットコインに関する考察も入っています。
主要的な内容は変わりませんが、最新のトレンドと照らし合わせることで、著者の主張が長年にわたって正しいことが証明されています。

内容は、タイトルにあるように株式市場は「ランダム・ウォーク」で成り立っているということから始まります。

ランダム・ウォークとは

「物事の過去の動きからは、将来の動きや方向を予測するのは不可能である」

という意味です。

どのような分析手法を用いたとしても、将来予測は不可能ということです。

 

そのような不確実性の高い株式市場で、個人が成功するためにやるべきことについての説明が主な内容です。

その中心となるのが、以下の3つです。

  1. 保有銘柄のリスクとリターンの相関性を理解する
  2. 目標到達のために、手数料などを削減して投資効率性を高める
  3. 長期と分散でリスクを極力下げるための戦略をとる

そして、それを実現するのに最も適している手法が「インデックス投資」ということになります。

 

ウォール街のランダム・ウォーカーに書かれていることを実践すれば、
「個人投資家が専門家と同じくらい、場合によってはそれを上回る、優れた運用成績をあげることができる」
ということです。

 

投資をすることの目的が、以下のような長期的なものを目指しているのであれば、読むべき1冊です。

  • 老後2000万円問題への対策として投資をしたい
  • FIREやセミリタイアを実現するために資産形成をしたい

本書は、長期的に資産を増やしたり、守るための手助けになります。

なお、株式投資で一発逆転を目指している人には、何の参考にもならない内容ですのでご注意ください。

以下、本書の主要部分の内容を説明しています。

個人投資家には難しい世界

株式投資をしていると、AIによる取引や機関投資家による大規模売買に左右されることがほとんどです。
そのため、個人の少ない資金での無力さを感じることはあると思います。

「今日では一般の投資家はウォール街のプロにはとても太刀打ちできないと言われている。
いわく、複雑なデリバティブ商品やコンピューターを使った頻繁なトレーディング手法を駆使する専門家たち。
頻発する大規模なTOB合戦や粉飾決算、あるいは潤沢な資金を動員して暴れまくるヘッジファンドが支配する世界なのだ。」

さまざまなテクニックや知識を駆使したプロでさえ、市場平均を上回ることが難しい時代です。
素人同然の個人投資家であれば、なおさらです。

「ランダム・ウォーク」の世界で将来予測は無意味

本書のタイトルにある「ランダム・ウォーク」とはどういう意味か?

それは、「物事の過去の動きからは、将来の動きや方向を予測するのは不可能である」ということです。
証券アナリストの将来予想、複雑なチャートパターン分析などを用いても、その予測は無駄だということです。

 

ファンダメンタル分析やテクニカル分析などの手法をプロが用いても、市場平均を上回るリターンを上げ続けることはできません
それについて、本書では大きくページをさいて説明しています。

これらを踏まえると、個人投資家がそどんなに投資手法を勉強したとしても、思いどおりの結果になるとは考えづらいです。

株式投資は一種のアートである

分析を得意とする専門家でさえも、バブルのような熱狂が起こりだすと、その分析手法を乗り捨ててしまいます。

ほとんどの投資家は合理的に動こうという考えを持つものも、実際は合理的に行動することはできません。
それは、自信過剰、偏った判断、群れの心理、損失回避願望などが影響するからです。

株式投資はある種の特殊な才能と幸運という神秘的な力の助けを必要とする、一種のアートである。
市場平均を上回り続けてきた少数の人は、単に運がよかっただけなのかもしれない。

このように、将来予測だけではなく、合理的に判断することも難しいのが株式投資です。
そこで成功している人は、たまたま運がよかったごく一部の人かもしれません。

「ランダム・ウォーク」の世界ではインデックス投資が最強の戦略

このような背景から本書が主張するところとして、「ランダム・ウォーク」の世界ではインデックス投資が最強の戦略と説明しています。

個人投資家が成功するためには

  • 市場で達成可能なリスク・リターンのトレードオフを充分に理解すること
  • 自分の性格やニーズにマッチした証券の組み合わせを選ぶこと

をあげています。

ポートフォリオの中心部分をインデックスファンドにすることで、それが実現できる整合性の高い戦略となるとのことです。

個人投資家が振舞うべき10カ条

そのうえで、個人投資家がどう振舞うべきかを、全ての投資家に役立つ10カ条として記載しています。
その10カ条が以下となります。

  1. 元本を蓄えよ
    継続性のある貯蓄計画が何よりも重要
  2. 現金と保険で万一に備えよ
    予定する支出や思わぬ支出に備え現金や保険は必要
  3. 現金でもインフレ・ヘッジ
    手元現金にもインフレヘッジ対策をすること
  4. 節税対策と年金制度の利用
    免税措置を活用し、税金がかからない形で蓄財すること
  5. 運用目標をはっきりさせる
    安眠できる水準まで株のウェイトをさげる
  6. マイホームの活用
    不動産投資はインフレヘッジに最も有効な資産
  7. 債券市場に注目
    大きなリスク分散効果がある
  8. 金、ダイヤ、書画骨董、コレクター・アイテム
    投資してよいものと悪いものを見分ける
  9. 投資にかかるコストに目を配る
    支払うコストを節約した分リターンは増える
  10. 分散投資が大原則
    リスクを軽減し長期的に平均リターンを達成させる

長期投資においては、毎年発生する僅かなコストや税金が資産に大きく影響します。また思わぬ支出も発生するため、あらゆる可能性に備えることが重要になります。

この10カ条はそのような事象に対するチェックリストのようなものです。本書内で詳しくその説明がされており、長期投資をしていくうえで、最も参考になる部分です。

アセット・ミックスの考え方

株式、債権、不動産などの「アセット・ミックス」を決めるうえでの原則を紹介しています。長期投資をする上での基本的な内容として、重要なポイントです。

  1. リスクとリターンは正比例している
  2. 株式も債権も投資期間が長いほど、リターンの変動幅は低下する
  3. ドルコスト平均法は株式、債券投資のリスクの軽減に役立つ
  4. 「リバランス」はリスクを低下させ、リターンを高めることも可能
  5. リスクに対する選考とリスク許容度は区別しなければならない

この原則に従うことで、現在投資資金をほとんど持っていない人でも、規則的に長期的に積み上げれば資産を築くことができます。

 

長期投資に関する書籍を読むと、ほぼほぼこの内容が出てきますね。出版から50年経った今でも推奨されている、確実に資産を築くための基本的な原則です。

まとめ

このようにウォール街のランダム・ウォーカーは、「長期投資のバイブル」といえる内容です。そして、個人投資家が長期投資を成功させるための手段として、インデックス投資が最適な戦略であるということがわかります。

私も、投資を始めたばかりの15年前に1度読みましたが、その内容が本当に正しいのかはわかりませんでした。しかし、それから本書の内容に反して個別株に手を出したり、証券会社のおすすめする手数料の高い商品を購入したりで失敗を繰り返しました。

原点に戻る形でインデックス投資をはじめるために、改めて本書を読み直してみると、これまでの経験から納得する内容ばかり。15年前に本書を読んだ時に、忠実に本書の内容を実践していれば、今の1.5倍くらいの資産は築けていたと思います。

まだ投資経験の浅い人には、本書を読んでもわからない内容は多いかもしれません。しかし、本書に書いてある手法を実践しない限り投資における成功確率はとても低くなるのは間違いないです。

投資スタイルに悩みのある方は、まずは最初の10年間は本書に書いてある内容を、そのまま実践することから始めたほうがよいです。どのような投資本や有識者の意見と比較しても、再現性と成功確率において本書以上のものはありません。

FIREやセミリタイア、または年金2000万円問題の解決策として資産形成を目指す人が投資の勉強を進めて行くと、資産を増やすためのベストな手段として必ず最後にたどりつく内容です。

間違った手法でお金を減らす前に、本書を読むことをおすすめします。

-おすすめ本, 投資する

© 2021 株式投資ナビ Powered by AFFINGER5