FIRE その他

FIREを目指す人は、まずはテレワークを試したほうがよい理由

2021年5月3日

FIREを目指している人は、1度はテレワークを試してみたほうがよいです。

理由としては、以下の2つです。

  1. 「稼ぐ」ことと「節約する」ことに適している
  2. FIREの目的をテレワークで満たせることがある

40代前半でFIREするには少なくても新卒の時から月平均20万円のお金を投資にあてている必要があります。普通の世帯持ちのサラリーマンで実現するのはかなり難しいです。

しかし、テレワークはそれを解決する1つの手段になります。以下、本文でそれを詳しく説明していきます。

1.「稼ぐ」ことと「節約する」ことに適している

私も、現在テレワークで働いていますが、FIREを目指すうえで有利となる点が多いことを実感しています。FIREに必要な資産をつくるためには以下が必用となりますが、テレワークは特に「稼ぐこと」と「節約」へのメリットが大きいです。

  1. より多く稼ぐこと
  2. より節約した生活をすること
  3. 投資で効率よく資産を増やすこと

逆に「投資で増やす」ことについては、人によってはデメリットもあります。

1.テレワークは稼ぐための時間が作りやすい

テレワークのメリットは副収入を稼ぐための時間を作りやすいことです。理由は以下となります。

  1. 通勤時間がなくなる(準備時間も含めて)
  2. 効率よく仕事をすれば就業時間中も時間を作れる
  3. 参加するだけの会議であれば、その時間も好きなことができる

中には監視が強い会社もありますが、通勤がなくなるだけでもそれなりの時間を作ることができます。また、まわりの目を気にすることもなく、昼休みなどの休憩時間をつかって副業をすることができるのもメリットです

普通のサラリーマンの年収では、がんばって節約しても投資にまわせるお金は限られています。しかし、本業以外の副収入で10万円近く稼げれば、FIREの実現度はグッと近づきます。

2.普通に生活しているだけで節約ができてしまう

次にあげるポイントは、節約についてです。

テレワークをしていると、意識しなくても節約が自然とできてしまいます。お金を使わなくなるのは以下の点です。

  1. 外食費、飲み物代、おやつ代などが大きく減る
  2. 飲み会などの交際費を使わなくなる
  3. 会社帰りの衝動買いがなくなる

外食費は自炊することが前提です。スーパーで買いだめしておけば食費はかなり安くすみます。そして、何よりも精神的なストレスも軽減されます。弁当や水筒を持参する手間や、飲み会の誘いを断る後ろめたさがありません。

光熱費は多少あがりますが、トータルでみると節約できる金額の方が圧倒的に大きいです。ちなみに私はテレワークにしたことで、毎月3万円ほどプラスして投資にまわせるようになりました。

3.投資に関しては要注意なことが多い

一方で、投資に関しては注意したほうが多いです。日中もつねに株価チェックなどができるので必用以上に気になってしまいます。

そのため、以下においては注意が必要です。

  1. 本業に集中できなくなる
  2. ムダな売買で損失を出してしまう

FIREを目指す人の多くはインデックス投資を選択していると思います。自分自身のスタイルを崩さず、デイトレなどに手を出さないように気を付ける必要があります。なぜなら、デイトレは難しい投資手法であり、不慣れな人は損失を出す可能性が高いからです。

テレワークで作り出せる時間は投資にあてるのではなく、副業など稼ぐことにあてたほうがよいです。

2.テレワークでFIREの目的が満たせることも

実は、テレワークをすることで、FIREをする必要がなくなる人もいます。FIREをする目的が以下の人たちです。

  1. 会社に行くのが嫌だから
  2. 家族との時間を増やしたいから

通勤という直接的なものだけではなく、人間関係のストレスも大きく緩和されます。家族との時間もかなり融通がききます。例え残業が多い時期でも、夕食時だけ中抜けしてしまえば、家族と会話する時間は毎日作れます。

FIREするためには、5千万円から1億円が必用です。実現できる人は一握りです。しかし、上記の理由の人は、テレワークという手段で目的が満たされるかもしれません。

3.テレワークのデメリット

当然、テレワークにはデメリットがあります。主には以下の内容です。

  1. 仕事でのコミュニケーション機会が減る
  2. 運動不足になりやすい
  3. オンとオフの切り分けがしにくい
  4. 買いそろえないと仕事環境が整わない

特に、仕事仲間とのコミュニケーション機会が減るため、仕事が思うように進まないこともあります。また営業職など、職種によってはキャリアアップに支障がでることもあるので注意が必要です。

それ以外のことは、工夫すれば何とかなるので大きな問題にはなりません。

まとめ

東京都産業労働局の調査によると2021年2月時点の東京都のテレワーク普及率は58.7%です。コロナ禍ということもありますが、制度として取り入れていく会社も今後は増えていくことが予想されます。

ここまで普及している中で、FIREを目指しているのにテレワークができる会社で働かないのはもったいないです。

テレワークは場所を選ばないので地方在住の人にもチャンスがあります。テレワークが不向きの職種の人は、思い切ってキャリアチェンジするのもよいです。

副業もそうですが、テレワークもできない理由をあげるのは簡単です。この記事を読んでテレワークが魅力的に感じたのであれば、チャレンジしてみるのもよいかもしれません。

「テレワーク」はトレンドなので、転職サービスにて「テレワーク」というキーワードで対象企業を探すこともできます。転職サービスは、登録や相談などすべてのサービスが無料なので興味がある人は登録して確認してみてください。

リクルートエージェント・・・人気No.1エージェントサービス、業界最多の求人数

dodaエージェント・・・ツールが使いやすさが売り、転職イベントも豊富

マイナビエージェント・・・転職未経験者や20代に人気

それぞれの詳しいサービス内容は、こちらの記事で説明しています。
≫自分らしい働き方をみつけたい人におすすめの転職エージェント4選

-FIRE, その他

© 2021 NAOTAKE BLOG Powered by AFFINGER5