FIRE おすすめ本 収入を増やす

【FIREバイブル本】書評『FIRE最速で経済的自立を実現する方法』

2020年10月8日

今回紹介する1冊は、『FIRE 最速で経済的自立を実現する方法』です。

著者は、FIREムーブメントの火付け役であり「ミレニアル世代のカリスマ」とも紹介されるグラント・サバティエ氏です。
手持ち資金2.26ドルからわずか5年で125万ドルを稼ぎ出し、経済的自立(「FIRE」=Financial Independence, Retire Early)を獲得した、そのノウハウを本書にて紹介しています。

本ブログでは、本書に書かれているFIREを目指すうえでの重要なポイントを解説しています。

最速で経済的自立を実現するための7つのステップ

 

本書では経済的自立(FIRE)を実現するための計画を7つのステップにわけています。
各ポイントは本書の中でとても詳しく丁寧に書かれており、経済的自立(FIRE)を目指すために何をしてよいかわからないという人にとってとても参考になります

主にどのようなことが書かれているか、各ステップの重要なポイントをピックアップして紹介します。

 

ステップ1 自分の目標とする数字を把握せよ

 

・いくら必要なのかは最終的には自分が望むライフスタイル次第

若ければ若いほどリタイアまでに貯蓄しておく金額は少なくなる(投資資金が複利で増える期間が長くなるため)

・期待年間支出の少なくとも25倍は貯蓄する

 

ステップ2 あなたの今の立ち位置は

 

・純資産(資産から負債を差し引いたもの)を週に1回は計算する

感情をコントロールし、お金に関してよりよい決断ができるよう習慣化する

・そのために毎日5分、お金に関して正しい決断ができていたか振り返る

 

ステップ3 お金に対する考え方を根本的に改めよ

 

・富を築けるかは「収入」「貯蓄」「支出」に左右される

・経済的自由にたどり着くためには支出を切り詰めるよりも稼ぎを増やす方が効果的に大きい

出来るだけ稼ぐためには、出来るだけ多くの戦略を最大限活用する

・お金を稼ぐやり方は一般的に4種類ある-「フルタイムの雇用」「副業」「起業」「投資」

・投資収入こそが究極の不労所得である

 

ステップ4 予算を立てず、貯蓄に影響あるもののみに集中する

 

・支出に対して予算を立てる必要はない

3大支出(「住居費」「交通費」「食費」)を切り詰めるだけで2割以上節約できるため

 

ステップ5 9時5時の仕事をハックする

 

フルタイムの仕事は素晴らしい収入の機会と考える

・福利厚生を最大限利用する

・週に数日はリモートワークができるよう交渉する

・給与を最大化する(自分の市場価値を分析し昇給を求める)

・継続してスキルを習得し人脈を広げる

 

ステップ6 儲かる副業を始め、収入源を複数持つ

 

ひとつの、もしくは複数の副業を手掛けて、収入源を多様化させる

・投資のために副業をすることで、投資資金は急速に増える

・最も稼げる副業は不労所得を生み出す「投資」である

 

ステップ7 出来るだけ多くのお金を、早く、頻繁に投資する

 

・出来るだけ多くのお金を

・出来るだけ早く

・出来るだけ頻繁に投資すれば、経済的自立までの時間を早めることができる

 

『FIRE 最速で経済的自立を実現する方法』はこのような人におすすめ

 

『FIRE 最速で経済的自立を実現する方法』はこのような人におすすめします。

リタイアやセミリタイアを目指しているが、それに対しての知識がなく1から学びたい人

リタイアやセミリタイアに対しての最新のトレンドを知りたい人

リタイアやセミリタイアは目指してないが、収入手段を増やして稼ぎを増やしたい人

それぞれについての理由を詳しく解説します。

 

リタイアやセミリタイアを目指しているが、それに対しての知識がなく1から学びたい人

 

本書の良いところは、リタイアやセミリタイアを目指すうえで必要となる知識が網羅されていることです。
マネーリテラシーがない人も、本書を読むことで必要な知識を充分に得ることができます

いくつかのFIRE本が出版されていますが、基礎となる内容の細かさは断トツでFIREを目指すためのバイブルといえる一冊です。

 

リタイアやセミリタイアに対しての最新のトレンドを知りたい人

 

グラント・サバティエ氏は「ミレニアル世代のカリスマ」と呼ばれています。
ミレニアル世代とは、インターネットが当たり前の時代に育った世代(デジタルネイティブ)のことを指します。

何年も前からリタイアに向けた準備をすすめており知識が充分な人にとっても、デジタルネイティブと呼ばれる彼らがインターネットを活用することで効率的に投資を行っていたり、副業を行っていることなどが把握できます

充分に知識のある方にとっても、情報収集という意味で有益な1冊になります。

 

リタイアやセミリタイアは目指してないが、収入手段を増やして稼ぎを増やしたい人

 

リタイアやセミリタイアの基本は、「収入」「貯蓄」「支出」の3つです。
FIRE本はその3つのどれを重視するかが特徴となりますが、本書は「収入」に関する内容がとても充実しています

特に副業に関しての内容が充実しているので、それだけでも充分に価値があると思います。
ネットが普及した今の時代での効率的な稼ぎ方を学べるという点でも、とても有益な1冊です。

 

『FIRE 最速で経済的自立を実現する方法』を読んでの感想

FIREを目指すうえで必要な知識を身に着けることができる

 

本書は、FIREを目指すうえで必要となる基本的な知識を身に着けるための情報が、細かく網羅されています
そのため、マネーリテラシーが充分ではないと考えている方にとっては、とても参考となる1冊になります。
具体的には、経済的自立を目指すための必要資金の考え方と、そこに到達するまでにどれくらいの貯蓄額や貯蓄率を目指せばよいのかというところを抑えることが出来ます。

 

支出よりも収入を増やすことに重きをおいている

 

次に、これは個人的な好みになりますが、本書は支出を減らすことよりも収入を増やすことに重きを置いているところがよい点です。
そのため、収入を増やすための手段としての「副業」や「投資」に対しての内容が細かく書かれています。
特に、投資対象を「米国株」と考えている人には、有益な情報がたくさん含まれています。

 

日本の読者には無意味な情報も

 

一方で、米国での実体験を元に書かれているので、日本の読者には参考にならない情報も含まれています。
主に、不動産投資に関する内容や、税金控除などの内容です。
ただ、このような参考とならない情報が一部あったとしても、全体的に有益な情報が多いため日本の読者にとっても充分に価値のある1冊です

 

FIREに関しては何冊か合わせて読むとよい

 

本書の後に発売された、『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』も、FIREを目指す人にはとても参考になります。
基本的な内容は本書で抑え、いくつかの本を読むことで自分にあうスタイルを探すのが、最も理解が深まる読書法なのでお勧めします。

 


-FIRE, おすすめ本, 収入を増やす

© 2021 株式投資ナビ Powered by AFFINGER5