おすすめ本

【株式投資初心者向け】入門用のおすすめ本4冊を紹介

2021年4月26日

投資初心者の人は株をはじめるにあたって、どのような本を読めばよいかわからないですよね。

「入門書」を買ってみても、入門の入門レベルで役に立たないものや、用語も全くわからない難しい本を手にしてしまうこともあります。

そこで、この記事では「絶対に役に立つ」4冊に絞って紹介します。
入門書としては、この4冊のいづれかを読めば間違いないです。

初心者向けではありますが、投資をしていく中で何度も読み直すことになる有益なものを取り揃えています。

①世界一やさしい株の教科書1年生

「シンプル、分かりやすく、楽しく」をコンセプトに書かれているので、とても読みやすいです。
用語だけではなく、テクニカル分析やファンダメンタル分析などの分析手法も紹介されています。

「売り」「買い」のタイミングについて重点的に説明しており、実践にも使える内容となっています。

②株の超入門書

「そもそも、株ってなんなの?」というところから、初心者に必要な基礎知識を説明しています。
「チャート分析」の説明はもちろん、「やってはいけない投資法」も紹介されています。

これから株を始めようという人に、ピッタリの1冊です。

③めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門

知識ゼロからでもわかる株の入門書として45万部を販売したベストセラーです。
基本用語はもちろんですが、「実践で役立つ!儲けるための9の知恵」という内容が秀逸です。

中級者も参考とするだけあって、長く手元においておける1冊です。

④マンガでわかる株式投資!女子高生株塾

株の雑誌『ZAi』のNO.1人気連載を書籍化したものです。
先に紹介した3冊よりかは劣りますが、活字が苦手なかたは漫画から入るという手もあります。

株式投資は専門用語が多いので、このようなストーリー仕立てだと頭に入りやすいです。

投資の世界は習うより慣れろ

このような書籍で基礎を身につけたら、早めに実践することが大切です。
実際にトレードをしてみると、頭で考えているようには行きません。

まずは少額からはじめてトレードすることが何よりも勉強になります。
少しづつ出来ることを増やしてから、投資金額を増やしていきましょう。

そして、口座開設は証券会社が手数料が安くお得です。
ネット証券は、無料で口座開設ができるのと、キャンペーンによるキャッシュバックやポイントバックも実施することもあるので、チェックしてみてください。

ネット証券は以下の3社から選べば間違いないです。
手数料など大差ないのでポイント利用などの好みで選んでもよいです。

SBI証券・・・ネット証券で口座開設数がNo.1、為替手数料が1ドルあたり4選

楽天証券・・・取引で楽天ポイントが貯まる/使える

マネックス証券・・・普段使っている口座から直接引き落としが可能

 

-おすすめ本

© 2021 ネットベンチャーで働く40代サラリーマンの投資ブログ Powered by AFFINGER5