投資する

月5万円を7年間インデックス投資した途中経過(企業型DC)

2021年6月2日

今回は確定拠出年金についての記事です。

確定拠出年金(企業型DC)をはじめてから、7年2ヵ月が経過しました。

確定拠出年金は企業型(DCとBC)と個人型(iDeCo)の2種類があります。そして、企業型BCは企業が運用するもの。企業型DCは個人が運用するもので、私が加入しているのは自分で運用する企業型DCです。

企業型DCは個人型(iDeCo)とほぼ同じと考えてください。違いは、企業型だと企業が一部費用を負担してくれる点です。この負担費用は企業により異なります。ちなみに、私の場合はほぼ自己負担で毎月5万円を積み立てています。

所属している企業が確定拠出年金制度を取り入れていない場合は、個人型(iDeCo)に入ることになります。

話を戻します。
本記事では、確定拠出年金をこれから始めようとしている人だけではなく、インデックス投資を検討している人が、以下について知ることができます。

・確定拠出年金のメリット
・インデックス投資を8年間つづけた資産の状況
・さらに20年目まで続けた場合の資産総額

具体的に途中経過の状況を公開していますので、参考にしていただきたいです。

詳しくは、本文にて説明いたします。

現在の資産運用状況

現在のポートフォリオは外国株式(日本除く)が70%、債権と世界REITが15%づつです。
元々は国内株と債権も含めてバランスよく分配していましたが、コロナによる株価下落時に外国株式の比重を一気にあげました。

そして、現在の資産状況は以下のとおりです。これまでの運用利回りは8.2%。利益率は25.6%です。

運用利回りについては、順調に推移しています。
過去30年のS&P500の運用利回りが9.3%です。運用手数料が1%ほどかかっていますので、ほぼ平均的な数値で8年間運用できていることになります。

非課税の効果

利益率が25.6%ですが、それ以上に効果があるのが掛金に対する非課税による効果です。確定拠出年金の掛金は控除扱いになるため、所得税がかかりません。

7年2ヵ月(86カ月)の間、毎月5万円に対して20%の所得税と考えた場合、約86万円が控除されていることになります。

これを評価損益にプラスすると、

151万円 + 86万円 = 237万円

の利益となり、約40%の利益率になります。

まとめると、毎月5万円を利回り8.2%で7年2ヵ月運用すると、以下のような結果になります。

  • インデックス投資の場合=151万円の利益(利益率25.6%)
  • 確定拠出年金の場合=237万円の利益(利益率40%)

通常のインデックス投資でも充分に利益がでますが、確定拠出年金だとさらに効果があることがわかります。

今のペースでの20年間投資をつづけた場合

今後同じようなペースで推移するかはわかりませんが、仮に同じペースで投資をしつづけた場合、20年目にどうなっているのかをシミュレーションしてみました。

年金2000万円問題は充分にクリアできます。確定拠出年金を使うと利益率67%なので、実質1000万円の元本が3倍になっていることになります。

銀行預金だと元本とほぼ変わらずなので、投資をしないことや確定拠出年金を使わないことは、大きな機会損失になります。

40歳からの資産形成でも充分間に合う

20年間のシミュレーション結果をみてもわかるように、40歳から投資をはじめても年金2000万円問題への対策は充分間に合います。

個人型の確定拠出年金は企業型とは掛金の上限が異なるので5万円まで投資できないこともありますが、上限を超えた分はインデックス投資でも充分に資産形成は可能です。

20年間で元本の約3倍の資産を作れるのも、複利効果によるものが多いです。そのため、まだ投資をしていない人はなるべく早くはじめたほうがよいです。

個人型の確定拠出年金(iDeCo)はネット証券から無料で申し込みできますので、今すぐチェックしてみてください。

個人型の確定拠出年金(iDeCo)は選択できる商品の多いSBI証券がおすすめです。
≫SBI証券の申込ページを確認する

インデックス投資について、詳しく知りたい方はこちらのブログを参考にしてみてください。
≫素人でもプロに勝てる!インデックス投資について詳しく解説

まとめ

このように、これから投資をはじめようと思っている人や、インデックス投資や確定拠出年金をまだやっていない人は、その効果をおわかり頂けたかと思います。

私の確定拠出年金での積み立ては、まだ7年ちょっとなのでその数字だけみると「たったこれだけ」と思うかもしれません。しかし、それを続けることで複利効果が効いてきて13年後には3000万円近くの資産になります。

なお、利回りについては過去のものを参照しているため、残りの期間同じ利回りになる保証はありません。しかし、インデックス投資は長期的にみるものなので、短期的にマイナスになったとしても20年から30年でみると、その利回りは8%前後に落ち着く可能性が高いです。

インデックス投資は50年以上前から、多くの人が成功している手法ですので、興味をもった方は是非始めてみてください。

まだ口座開設していない人は、ネット証券での口座開設をおすすめします。

-投資する

© 2021 ネットベンチャーで働く40代サラリーマンの投資ブログ Powered by AFFINGER5