投資する

40代を余裕のある生活にするために準備しておいた方がよいこと

40代でどんな生活がしたいかというと、当たり前ですが余裕のある生活をしたい人が多いと思います。

しかし、40代の現実は、こんな感じの人が多いです。

  • 中間管理職で職場では上司と部下の板ばさみ
  • 家に帰れば家族の面倒が大変で自分の時間がない
  • しかも、住宅ローンと教育費でお仕えるお金も少しだけ
  • そのうえ、体力的にもしんどくなってきている

朝起きても疲れがとれず、満員電車に揺られ会社に着いた頃にはクタクタです。

「家計の金融行動に関する世論調査」によると、40代の平均貯蓄額は666万円です。これでは、40代に余裕のある生活をするどころか、老後も働き続けなければならなくなるかもしれません。

しかし、若い頃から時間をつかって準備をしておけば、40代で余裕のある生活をすることは可能です。

具体的に余裕のある生活というのは、次のような内容です。

  • 資産も充分あるので会社からの評価は気にしなくてもよい
  • 仕事はリモートワークなので通勤の必要がない
  • 年収を気にすることなく条件で転職先を選ぶことができる

私はIT企業に勤める普通のサラリーマンですが、若い頃から準備をしてきたのでこれに近い状態ですごしています。

20代の時から、何をすればこのような状態に近づけるか、本ブログにて紹介したいと思います。

絶対やったほうがよいのは株式投資

まず、はじめに紹介するのが株式投資です。若い頃から資産形成することは、40代で余裕のある生活をめざすのであれば欠かせない要素です。

なぜ、不動産投資ではなく株式投資かというと、株式投資(特にインデックス投資)は知識や経験がなくても資産形成がてきる再現性の高い投資方法だからです

その株式投資における年利は平均的に6%~9%です。実際に、毎月一定額の投資をすることで年利6%だと20年後にどれくらいの資産が作れるのかが、以下の数字になります。

毎月5万円積み立てれば2000万円を超えるので充分な貯蓄額になります。40代で2000万円を超える資産を保有しているのは、上位10%としかいません。

さらには、10万円を積み立てることでセミリタイアも現実的に見えてきます。

もちろん、全て使ってしまえば20年後も0円。銀行預金だと複利が利かないので、毎月5万円預金しても20年後には1200万円にしかなりません。

資産を効率よく増やすためには、投資は外せない要素となります。まだ投資をしていない人は投資利益が非課税になる「つみたてNISA」からはじめることをおすすめします。

≫「つみたてNISA」初心者がおさえておくべきポイントを解説

参考「つみたてNISA」初心者がおさえておくべきポイントを解説

続きを見る

ホワイト企業への転職

40代の時点で所属している会社がホワイト企業で、ワークライフバランスのとりやすい状況であることも充実した生活に大きな影響を与えます

ワークライフバランスを取りやすい仕事環境では、以下のような利点があります。

  • 残業は自分の裁量でコントロールできる
  • 休日出勤は滅多になく、あったとしても代休が保証されている
  • 有休がとりやすいのはもちろん、年に1回以上の長期休暇も取得可能
  • リモートワークも積極的に取り入れている

では、どうやったらホワイトな環境で働くことができるかというと、次にあげるような準備が必要です。

  • 仕事の実力と実績を若いうちから積み重ねる
  • 営業職ではなく企画職など裁量度の高い仕事を選ぶ
  • 転職先は常に成長中で利益が増加中の企業を選ぶ
  • 年収を気にせず条件重視で転職できるための資産が充分にある

実力や実績となると、それはそれで20代、30代が仕事漬けの日々になる可能性が高いです。しかし最後の資産は、若いうちから投資をすることで準備ができます。実際のところ、40代となると資産を持つことで、人生の選択肢がいかに増えるかが身に染みてわかるので、若いうちからの投資は本当にしておいた方がよいです。

運動習慣などの健康管理

40代でお金と時間がいくらあっても、健康を害していたらそれらを有効に使うことができなくなります。

また、何かしら継続的な治療が必要な病気にかかっているのであれば、医療費による出費が生活費を圧迫することも考えられます。

健康オタクになる必要はありませんが、生活習慣として次にあげることは意識しておいたほうがよいです。

  • 週に2~3回の運動(筋トレがおすすめです)
  • タンパク質を多めに採り脂質を抑えた食事習慣
  • タバコは吸わない、お酒もほどほどに
  • 1日7時間以上の睡眠

40代になると健康にも意識がいくようになり、多くの人が生活改善の取り組みをはじめます。しかし、社会人になり20年近く続けてきた生活習慣は、そう簡単に変えることができません。

若いうちから意識して習慣としておいた方が断然楽です。体を壊して医療費が定期的に発生するとなると、お金も体も余裕のない状態になるので健康管理は重要なポイントになります。

まとめ

これは私の経験からですが、40代で余裕のある生活ができるかどうかは、その時の仕事環境に依存するところが大きいです。

20代、30代でどのような働き方をしてきたか?

それにより、40代での仕事内容は大きく変わります。

よく耳にする話として「忙しくなるから出世したくない」という声を聞きます。確かに、出世すると仕事量も、責任も増えるため給与比較したら割に合わないことが多いです。

しかし、それは一時期であり更に出世すると仕事というものはとても楽になります。会社に対して信頼貯金が出来れば、年収は誰よりも高く仕事は誰よりも暇という状態を作りだすこともできます。

私も今はそういう状態で、年収と忙しさは比例しないというのを実感できています。

そして、充分な資産を持つことは、仕事に精神的な余裕を生み出します。お金を気にしなくてもよいので、会社からの評価も気にならなくなります。しかも面白いことに、評価を気にせず働くと、更に評価があがりやすくなることもあります。

人生お金がすべてではないですが、お金により多くの選択肢を得たり、精神的な余裕が生まれたりするので、投資による資産形成はとても大切です。

若いうちから備えることにより、40代は余裕のある生活をすることは簡単にできますので、今回の記事にあげた内容を実践してみてください。

私は、普通のサラリーマンですが、40代半ばで資産6000万円まで作ることができました。何をしてきたかは、こちらのブログでも紹介しています。

≫【体験談】社会人20年で資産6000万円貯めるためにやったこと

参考【体験談】社会人20年で資産6000万円貯めるためにやったこと

続きを見る

-投資する

© 2021 ネットベンチャーで働く40代サラリーマンの投資ブログ Powered by AFFINGER5